天池案内図紹介
翳芳湲エコロジカルリゾート地の紹介
甘湫池アスレチッククラブの紹介
中国山崩れ地質遺跡紹介




翠華山の概況の紹介
 
    陝西省翠華山山崩れ国家地質公園は2001年に中国国土省から認証された11国家地質公園の一つである。中国もっとも早い建てられた国家地質公園である。2002に国家旅行省にAAAA級に評価された。公園は陝西省の秦岭山脈の北辺にあり、西安市に20キロの距離で、主峰の終南峰は2604メートル高い、総面積は32平方キロメートル、中国で山崩れ地質作用もっとも活動的な場所である。陝西省科学技術情報研究所の調査によると、本公園の山崩れ地形タイプの完全性、構造の典型性、保存の完全性、規模の大きさ、また旅行価値の高さ、海内外にも滅多にないところなんで、昔から「中国山崩れ奇観」、「地質地形博物館」の誉れがある。
 
    崩れた峰やひび割れた崖は玉案峰、甘湫峰、翠華峰を中心として形成られた山崩れの奇観である。「南望終南如翠屏環列,芙蓉万仞直插青冥。」(清·陝西巡撫から乾隆帝に上奏文)三つの主峰を中心として壮観な山崩れの奇観を描いた。
 
    唐代の有名な詩人王維は「終南山」の詩を書いた。「太乙近天都,连山到海隅。白云回望合,青霭入看无。分野中峰变,阴晴众壑殊。欲投人处宿,隔水问樵夫。」も翠華山の景色を描いた。翠華山は長い歴史の背景を持ち、牛背梁ターキン国家保護区の一部として、また終南山国家森林公園のもっとも重要な一部分である。『西京勝迹図志』という本によると、翠華山は秦、漢、唐代に皇家公園の誉れをもち、長安八大寺院が山の周りにあると記載されている。漢の武帝は紀元前112年に翠華山に太乙神に参詣したことがあり、そして、翠華山も太乙山と呼び、太乙山は今まで東南アジアで大きな影響力がある。
 
    「終南毓秀太乙鐘霊,始悟翠華招漢武;冰洞垂凌竜湫池玉, 应知胜景在长安」。陝西省翠華山山崩れ地質公園はただ壮観的な山崩れの奇観ではなく、長い歴史もあり。きれいな山崩れの景色を見ると同時に、山崩れ地質公園の特徴を感じることができ、そして、地質奇観と文化歴史の融合性も感じることができる。

著作権2008 -2 010のすべての権利 cuihuashan.com reserveds
準備shannxi ICP備 06002552